ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

2月

コンピュータ関連で覚えた技術
・F#のモジュールや名前空間について学んだ。

その他で覚えた技術
・群について少し学んだ。
・一般結合法則の証明について調べた。
・可換群の性質についての問題を解いた。

コメント
数学について、たくさん勉強しているような書き方ですが、下の2つは短時間でちょこっと調べてみただけです。可換群の性質についての問題は、上の群の一般結合法則の証明が書いてあったPDFにありました。そして群・環・体の勉強に使っている本の、群の章を読み終えたので群の勉強は今回で完了です。F#の勉強も、サイトで基礎編と銘打っている部分は今回で読み終えました。

tag:

1月

コンピュータ関連で覚えた技術
・F#の例外について学んだ。

その他で覚えた技術
・群について(一般的な群の定義と性質、部分群など)学んだ。

コメント
今回はF#の勉強が例外を学んだだけでした。群・環・体の勉強はいつもより多めに進められた気がするのですが、F#とあわせて全体的には少なかったです。あとは数理論理学での発見があったのは記事にしたとおりですが、新たに勉強したわけではないのでここには含みませんでした。

tag:

12月

コンピュータ関連で覚えた技術
・F#のデータ構造やパターンマッチについて学んだ。

その他で覚えた技術
・群について少し学んだ。

コメント
今回はF#の勉強で、重要な機能を学習しそれなりの成果を出せましたが、群・環・体の勉強はあまり進められませんでした。後者は先月に引き続き特定の置換群の性質を本で読んでいる段階のまま滞っているのですが、もう少しで一般的な群の勉強に入れそうです。

tag:

11月

コンピュータ関連で覚えた技術
・F#の文法の、主にifやループを学んだ。

その他で覚えた技術
・整数の性質を学んだ。
・群について少し学んだ。

コメント
主にF#と群・環・体の勉強の2つを並行してやるというスタイルが最近は定まってきました。今回はどちらもペースは遅いですが順調に進行できました。群については、まだ一般論に入らず特定の置換群の性質を本で読んでいます。

tag:

10月

コンピュータ関連で覚えた技術
・F#を少し触ってみた。
・Blend for Visual Studioでビヘイビアやストーリーボードを少し触ってみた。

その他で覚えた技術
・シークエント計算について学んだ。
・集合と写像について一部を再学習した。
・自然数や整数の性質を少し学んだ。

コメント
上の2つは成果無しと言える程度ですが一応、今回は多めですね。記事にもしましたが、今回でとうとう論理学の勉強が完了しました。下の2つは群・環・体の本を読んで学んだことですが、たいした勉強量ではないです。

tag:

9月

その他で覚えた技術
・シークエント計算について少し学んだ。

コメント
なんとまあ、4ヶ月連続でまったく同じという大変な事態ですね。シークエント計算は述語論理の推論規則についての固有変数条件を理解するのに長らく苦戦して滞っていましたので、学ぶのを飛ばしてしまうことにして先に進みました。勉強で内容を飛ばしたのは多分初めてじゃないですかね。

tag:

8月

その他で覚えた技術
・シークエント計算について少し学んだ。

コメント
またもや前回と同じですね。これ以外にも少し数学の本を読んでいたのですが、その収穫はありませんでした。なかなかスランプな時期に突入しています。シークエント計算は述語論理に関する推論規則の、固有変数条件の理解に苦戦していました。

tag:

7月

その他で覚えた技術
・シークエント計算について少し学んだ。

コメント
前回と同じですね。ほんの少しだけで、ゼロに等しいような成果です。今回は前回と違って記事執筆などのアウトプットも少なかったので、たいしたことのない月となってしまいました。

tag:

6月

その他で覚えた技術
・シークエント計算について少し学んだ。

コメント
今回は勉強したことが、かなり少ないですね。記事は多めに書きましたが、アウトプットばっかりでインプットが無かった感じです。シークエント計算は軽く推論規則と証明の例を見た程度でした。

tag:

5月

その他で覚えた技術
・形式論理(証明論)の自然演繹を学んだ。
・公理的集合論について考えた。
・順序集合について考えた。

コメント
今回は全部、数学や論理学についてですね。下の2つは考えたというだけのことですが、一番上の自然演繹は結構、本格的に勉強していました。

tag:

次のページ

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。