ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

VB.NETは大文字小文字の区別をしないからってBASIC風の書き方

C#は大文字と小文字を区別します。
関数呼び出しなども、大文字小文字をしっかり書かなければいけませんから、
Console.WriteLineと書かなければエラーになります。
(CONSOLEクラスを作ってWRITELINEメソッドを作れば別かも)

しかし、VB.NETは大文字小文字を区別しません。
キーワードも関数呼び出しも変数もすべて大文字小文字は区別しません。

VB.NETでは外部ライブラリの関数も大文字小文字を区別しません。

じゃあC#でAクラスとaクラスが入っている.NETライブラリを作って、
VB.NETで呼び出そうとしたらどうなるのって問題は不明です。

ちなみにMain関数も、C#では必ずMainですが、
VB.NETはMAINでもmainでもmaINでもOKです。

C系言語のキーワードはifとかwhileとか全て小文字ですが、
Visual BasicではIfやWhileなど頭だけ大文字にする仕様になっています。

しかし、デフォルトがそうなだけで、
先ほど述べたとおり、VB.NETは大文字小文字を区別しませんから、whileでもWHILEでもwHilEでも構わないわけです。

そこで、VB.NETのソースコードを全て大文字にして、
レトロなBASIC言語風の景観にしてしまおう!
ということで。

IMPORTS SYSTEM
MODULE MODULE1

PUBLIC SUB MAIN()

DIM STR AS STRING = CONSOLE.READLINE()
CONSOLE.WRITELINE(UCASE(STR) & "OMOJIIIIIIII!")
FOR I AS INTEGER = 0 TO 99
CONSOLE.WRITELINE("OMOJI!")
NEXT
CONSOLE.READKEY(TRUE)

END SUB

END MODULE

えらいことになりましたね…。
この程度のコード量なら、かろうじて読めますが、
チーム開発でこんなもん書いたら仲間にぶん殴られますよ。

コンパイルする際、頭のいいVisual Studioは
キーワードを、頭だけ大文字の表記に修正しやがったので、
仕方なくvbc.exeでコンパイルしました。

エラーはありませんでしたよ。
やはりVB.NETの仕様的には通るんですね。

実用には向いていませんが、これで初期BASICな気分に浸れます。
テキストエディタの背景を黒くしたら、なおさら古臭くなりますね。

さすがに初期BASICのようなインタプリタ型にはできませんが…。


かなり暇な方は、ぜひやってみてください。
かなり暇な方はですよ(笑)。

tag:

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/193-82003b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。