ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

オブジェクト指向の世界なんていらない

JavaやC#では、全てのものがオブジェクトで出来ていて、
オブジェクト以外のものは存在しないという、
バリバリのオブジェクト指向言語です。

関数型言語は全て関数で出来ているとか、もうめちゃくちゃですね。

オブジェクト指向言語ではオブジェクトの世界みたいなものが繰り広げられちゃっています。

これらの言語では、オブジェクト指向に従うというのは絶対なんですね。

ですが、私は別にそんな絶対的なオブジェクトワールドを作らなくてもいいと思うんですよね。

オブジェクト指向はプログラムを設計しやすくするために作られた設計思想ですから、
オブジェクトの機能は、設計術という位置づけでいいと思うんですよ。


JavaやC#みたいに、そんなガチガチとオブジェクトな仕様にせず、
「オブジェクト指向で作ったら何かと便利ですよ~」っていうレベルにとどめたほうが柔軟です。

オブジェクト指向にしないほうがやりやすい処理もあるでしょうしね。

JavaやC#は、オブジェクト指向を基本中の基本としているからダメなんですよ。

まず、下層レベルに
オブジェクト指向でも関数型でもない、ありがちな言語を設計して、
その上層部にツールとしてのオブジェクト指向をのせる

のが私の理想ですね。

ハイブリッド型オブジェクト指向というか、
とにかく「絶対オブジェクトじゃ!」なんて頑固さを無くした言語を望みます。

Smalltalkはまさに頑固オブジェクト指向なので、気に食いません。

オブジェクト指向はツールとして使いましょう。

tag:

コメント

その思想がLL言語人気を呼んでいるんじゃないんですか?
JavaやC#のようにちょっとしたプログラムでもクラスを作る必要は無いけど、
適宜、使いたいところでクラスが使えるという便利さ。

僕が開発しているのはスクリプト言語ですから、
おそらくRubyなどと同じ路線で行くと思いますが、
クラス宣言は必須ではないようにしますよ。

  • 2012/12/05(水) 21:12:21 |
  • URL |
  • wisdom103 #-
  • [ 編集 ]

Re: wisdom103

それで軽量言語に人気が出たというのもあるかも知れませんが、
私が望んでいるのは軽量化がどうこうの話じゃないんですよね。

軽量でも重量でも構いませんから、とにかく絶対的オブジェクト指向の概念はやめてほしいんですよ。
オブジェクトはツールとして…うん。

私が望んでいるのは、手軽さではなく、柔軟さです。

あれ、所でwisdom103さん
とうとう具体的な言語開発を始めたんですか。

言語ハッカーですね。尊敬します。
ぜひ素晴らしい言語を開発してください!

いや新しい言語の設計はまだなんですが、
まだコンパイラの実装は出来ませんし、
今まで作ってきた言語もLL言語だったので、
おそらく次もそうなるだろうということです。

言語ハッカーですか・・w
いつの日かハッカーが名乗れるといいな。

  • 2012/12/06(木) 18:05:19 |
  • URL |
  • wisdom103 #-
  • [ 編集 ]

確かに、オブジェクト指向を勉強してもあまり使ってませんね。

どういう時に使えばいいのかとか検討がつきにくいのですが、まぁ全部をひとつのコードにまとめるとしんどいなって時にはたまにクラスを使ったりしますが、同じ意見です。

職業としてプログラミングをするようになってくれば、めっちゃ使うんだろうけどな・・・。

  • 2012/12/06(木) 22:38:01 |
  • URL |
  • AsaBon #-
  • [ 編集 ]

Re: AsaBon

いえ、オブジェクト指向を使わないわけじゃないんですよね。
実際、私もよくオブジェクト指向設計をしていますし、オブジェクト指向設計自体はよく使うんですよ。

しかし、それらは設計概念なだけであって、言語自体をオブジェクト指向ワールドにしなくてもいいと思うんです。

(何人に説明したらいいんだコレ…)

一記事目から目を通してるので、古い記事にコメント申し訳ありません。
C++とか、なんでもありもカオスな世界なのでいいかもしれません。オブジェクト指向も出来るし、そうじゃないのも出来るし…。
オブジェクト指向というか、クラスを使ったプログラミングは、手段の一つです。

  • 2013/04/15(月) 23:49:37 |
  • URL |
  • かずき #-
  • [ 編集 ]

Re: かずき

ごもっともですよ!
これは、そういうことを書いた記事なのです…。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/194-4b3a4079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。