ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

ソフト「天才が使うペイントソフト」の内容紹介

昨日いっていたように、新しく作っていたソフトが完成したので、概要をご紹介します。

タイトルは
天才が使うペイントソフト
です。

このソフトは画像編集ソフトです。
効果をつけたりするPhotoshop系のものではなく、MSペイントなどの絵描き系ですね。


さて、タイトルの「天才が使う」というワードが気になりますな。

このソフトは、画像編集のやり方が超高難易度なので天才しか上手く使えないんです。

このソフトで画像を編集できたら天才ですね。


さて、百聞は一見にしかずというので、まずはスクリーンショットをお見せします。

じゃん!


天才が使うペイントソフト 編集画面 
天才が使うペイントソフト 編集画面


……………。

これは設定画面ではありません。
立派な編集画面です。

普通、画像編集ソフトには大きな描画&プレビュー画面がありますが、ここには画像らしき物は見当たりません。

そう、描画&プレビュー画面がないから天才しか扱えないのです。

このソフトは絵を描くとき、画像にマウスポインタをのせてちょろちょろっと線を引くことなどできません。

このソフトは、対象となるピクセルをX, Y座標で指定し、
そこに入力したRGB値の色をつけることによって絵を描いていきます。


分かりがたいと思うので、具体的に書きますね。


上のスクリーンショットの X:, Y:, R:, G:, B:と書いてあるところは、数値を入力するところなんですが、
 
X: … 対象のピクセルの横位置
Y: … 対象のピクセルの縦位置
(要するにX, Yでピクセルを指定)

R: … ピクセルにつける色のRed値
G: … ピクセルにつける色のGreen値
B: … ピクセルにつける色のBlue値

を入力します。

そしてSetボタンを押すと、
入力したX, Y地点のピクセルに
入力したRGB値の色がつく

という仕組みです。

例えば

X: 100
Y: 150
R: 0
G: 255
B: 0

と入力してSetボタンを押すと、画像の横が100縦が150の場所にあるピクセルが緑色になります。



このソフトには、これしか編集方法はありません。
理論上、これで絵を描けますからね(笑)

こつこつピクセルに色をつけていきましょう。
それができたら天才です。

(自分は天才ではないので、このソフトを使ったことはない)


さて、画像編集ソフトですから、もちろんファイルのロード&セーブ機能もついています。


上部のメニューバーの「ファイル」から、「開く」を選択して、
表示されたダイアログからファイルを開いて、

すると、そのファイルの編集ができます。


では試しに、この画像ファイルを開いてみましょう。


ファイル名は「顔.gif」とする
ファイル名は「顔.gif」とする


まずダイアログからこのファイルを選択します。
そして開いた画面がこちら!


天才が使うペイントソフト 「顔.gif」の編集画面
天才が使うペイントソフト 「顔.gif」の編集画面


…はい、何も変わりません。
タイトルバーから、ファイルを開いたことは分かりますが、他は何も変わっていませんね。

プレビューが無いのだから、変化がでないのは当然です。
一応、開いています。

この状態で編集をしたら、ちゃんと開いたファイルをいじることができますよ。

そして、編集後は「上書き保存」で上書きしたり、
「名前をつけて保存」で新規に保存することも可能です。

こんな実用的に使う人は天才以外にいないと思いますが、
一応、ファイル入出力も完備されているんですね…。


ですから、普通の画像編集ソフトと同じことは出来ます。
理論上は(笑)



ところで、この状態ではプレビューはありませんが、
なんと、やろうと思えばプレビューをだすことも出来るのです!

それには設定なんてありません。
編集画面のウィンドウを大きくするだけです。

では今の、「顔.gif」の編集画面のウィンドウを、大きくしてみましょう。


ウィンドウを大きく広げたときの画像がこちら!


天才が使うペイントソフト ウィンドウを大きくした様子
天才が使うペイントソフト ウィンドウを大きくした様子


おおおおおお~!
- Preview - が現れた!

…って自分で作ったんだ。


このようにウィンドウを大きく広げると、編集中の画像が表示されます。

常に等倍ですから、大きい画像をプレビューしたいときは
ウィンドウも、それより大きくしないといけません。


MSペイントの気分で画像の上にマウスポインタをのせてもダメです。
線など引けませんよ。

あくまで、編集状態のプレビューですから、ここに描画機能はありません。

編集したいなら、数値を入力するしかないんです…。




おおむね説明は終了です。

編集方法が独特すぎますね。

「俺は天才じゃねえからいらない」とか言わずに、ダウンロードしてみてください。

このソフトが役に立つ日は来ないと思います(笑)


天才が使うペイントソフト - サイバー少年の作品展示場
http://cyberboy6.web.fc2.com/paintsoftware_for_genius/

tag:

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/199-9406dd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。