ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

モバイルサイトから専用アプリの時代へ

今日は私のIT考察を記事にします。

最近、企業がモバイル向けの情報観覧媒体を作るさい、
モバイルサイトではなく、専用の情報観覧用スマホアプリを開発しているところをよく見かけます。

例えば、SMAPの中井氏の“ネットで賃貸”のテレビCMがよく流れていますが、
「どっチンタイ?」という種類のCMがありまして、

その中で、「ネットで、アプリで、どっチンタイ?」というセリフがあります。

ネット(HTML)でも専用のアプリでも賃貸情報が見られるよと言いたいのです。

これは本当に良い例えですね。


独自のスマホアプリを作っちゃったんですよ。

要するにHTMLの枠にとらわれるのが不便になってきたんです。

そりゃあ賃貸情報を見るのに特化したUIを作るほうが便利ですからね。

Webブラウザーを立ち上げるの面倒ですし、

しかも、HTMLのコントロールはバラエティに乏しいですしね。

そろそろブラウザアプリケーションではもの足りなくなってきているようです。

あと、HTMLには出来ない、端末の情報取得などもアプリなら可能です。


そういう自由度の面で圧倒的に独自のアプリのほうが優れているため、最近はアプリでの提供が多くなってきているのです。


今は“ネット賃貸”での話でしたが、全く同じことが他の物にも通用しますし、
実際に身の回りを見てみると、専用スマホアプリが多いです。


余談ですが、もちろん、非スマホの携帯電話を使っている方や、
WindowsなどのPCから観覧する方のためにHTML(ブラウザアプリケーション)での提供もあります。

携帯での、モバイルサイトというやつです。

そもそも、携帯電話はスマホと違い、
組み込み機器の延長のような設計ですから、

独自にアプリを作るのは、とても手間が掛かるんですよね。

スマホ普及前に、独自アプリという形態が普及しなかったのはこのせいだと思います。


と言う訳で、現在は
PC向けサイト + モバイルサイト + 専用スマホアプリ
という形態が多いです。

今日は「けいたい」という言葉が多いですね(笑)

まぁ、「現在は」であって、今後、変わる可能性は高いですけどね。


しみじみと、時代の移ろいを感じます。

tag:

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/230-b17958ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。