ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

祝!ブログ記事256件目!

祝!ブログ記事256件目!!!

とうとうこの日がやってまいりました!
(盛り上がりすぎ…!?)


ブログ記事、256件目のエントリーです!!


前から言っていたことなのですが、

「100件目とか1000件目なら分かるが、なぜこんな微妙な数で祝うのだ」

と思われる方もいるかも知れません。

しかし、このブログはプログラミングジャンルのブログです。

10より8、100より16、…1000より256!

コンピュータにとって2の累乗のほうがキリが良いのだ~!


「祝!ブログ記事100000000(2)件目」と書けば、
キリが良いと感じて頂けるでしょう。




さてさて、実を言うと当ブログは、
256件も記事を皆様にお届けしていません


書きかけで終わっちゃった記事が多いんですよね。


FC2のブログ記事は、「下書き保存」という機能がありまして、
完成していていない記事を保存しておくことが出来るのですが、

下書き保存の場合でも“blog-entry-xxx”と、一つの記事としてURLが作られるんですよ。

そこにアクセスしても下書きなので表示されませんけど、
下書き保存している記事があるなら、

トップページから最新記事一覧を見たときに、

“blog-entry-10”→“blog-entry-12”→“blog-entry-13”
と、エントリーナンバーが歯抜け状態になっていることが分かります。


ですから、この記事の番号は“blog-entry-256”ですが、
しかし実際は歯抜け状態の部分も多く、256件の記事をお見せしてきた訳じゃないんです。




ただ、管理番号的に言うと、
今回の記事は1byteで表現できる最後の記事ですよ


…と、前回の記事にも書いたじゃないですか。

ただ、今日になって、「いや、違うんじゃないかな」と思い始めています。


例えば、ブログ記事を1件も書いていない状態なら、

ブログ記事数 = 0

になります。

つまり、「0」も表現可能である必要があるわけです。


昨日までは、
「“blog-entry-1”から始まるから、256まで表現できるだろう」
と、思っていましたが、
0も割り当てれば最大値は255になっちゃいますからね。


結論を申しますと、1byteで表現できる最大値は


何件の記事を書いたか … 0件の可能性もあるため、255まで

この記事は何番目か … 0番目はありえないので、256まで



と言う風に、場合によって異なります。


まぁ、どうでもいいですけど(笑)

誰も聞いてないでしょうね…。


ただ、何か、ものごとについて深く考えてみるのは大事だと思いますよ。

(↑誰に言っているんだ)




さて、もう記事番号を1byteで表現することは出来なくなりましたが、(※可変長にすれば別)


これからも、いつも通りにブログ記事を書いてまいります。

これからは夢の2byte、マルチバイトなブログ記事です!


そうそう、「これからもよろしくお願いします!」的なものは、
当ブログ1周年のときの記事に書かせてもらいます~。

予告するのも変ですけどね。


2byteになっても、よろしくお願いします!

tag:

コメント

何件の記事を書いたか、という点で考えると
1byteで表せる最後の記事は前回のものだったんですね。
(符号付ならもっと前・・・ってどうでもいいか)
ともあれ、おめでとうございます!

つぶやきの方も読みましたがオーバライドするときに
キーワードつけないといけないとか、初期C++みたいな
仕様ですね。やはり実装の観点でラクなんだろうか。

  • 2013/03/22(金) 22:55:27 |
  • URL |
  • div9851 #-
  • [ 編集 ]

Re: div9851

ありがとうございます。
記事番号なら256までなんですけどもね~。

これからは記事番号をランレングス方で圧縮すれば、
1byteでいけることもありますね。どうでもいいか(笑)

つぶやきのほうの件ですが、
C#でもVB.NETでもオーバーライドするときはoverride/Overrideを付けるんですよ。
しかし、継承クラス間でのオーバーロードのときは、C#では「書かない=オーバーロード」
なのに、VB.NETでは既定でシャドウするため、Overloadsをいちいちつけないと駄目という
意味不明なルールがあります。…面倒くさい。

さすがに、同じクラス内ならOverloadsは省略できますけどね。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/256-88f25150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。