ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

Windowsタブレットのレビュー! ~ as a Windows PC編 ~

予定通り前回記事「Windowsタブレットのレビュー! ~ as a Tablet PC編 ~」の続編です。

今回は私が今、この記事を書くのに使用しているWindowsデスクトップPCと比較して書いていこうと思います。

前回はAndroidタブレットと比較して、今回はWindowsデスクトップと比較して、二つの側面を持つのがWindowsタブレットの特徴ですね。




今回のタブレットはOSがWindows 8.1です。

私のWindowsデスクトップPCはWindows 7なので、Windows 8以降のOSを使うのはこのタブレットが初めてでした。

初回起動のときにインストール画面が出るわけですが、Windows 7まではログイン画面みたいなところに簡素なウィンドウが出ていたのが、
Windows 8.1ではインストール画面もModernデザインになっていました。

テーマカラー選択とかWindows 8らしい初期設定もありましたね。

そして驚いたのが、ユーザーアカウントとMicrosoftアカウントの結び付けをさせようとしてきたことです。

この方針は非常に気に入りませんので、わかりづらいところにMicrosoftアカウントと結び付けずにユーザーアカウントを作成するボタンがありましたから、そこで作りました。

Microsoftアカウントと結びつけてしまうと、ユーザー名も、アカウント画像もMicrosoftアカウントのものになって、ファイルはデフォルトでOneDriveと同期するようになって、要らないことだらけです。

ただ、その後Windowsストアにアクセスしてみたら、ユーザーアカウントがMicrosoftアカウントと結び付けられていないと、ストアアプリはダウンロード出来ない仕様であることが判明しました。

Microsoftのこういう方針転換だけは非常に納得がいきません…。

ただ、これも“アプリごとにログインする”みたいな方法があって、それを使うと結び付けなしでダウンロードできるようでしたので、そうしています。

後述する話でもたびたび出てくると思いますが、Windows 7とWindows 8はだいぶ違いますね。

内部メジャーバージョンは変わってないようですが、ガワがかなり異なります。

Windows 10は内部メジャーバージョンも上がるようですが、ガワの変化でいえば7→8のほうが大きいんじゃないでしょうか。



そういえば、記事「Windowsタブレットのレビュー! ~ as a Tablet PC編 ~」でも書いたとおり、このWindowsタブレットはASUS製なんですが、ASUSはプリインストールソフトが多いですね。

ASUSとかはパソコン上級者向けみたいな製品を展開していますから、プリインストールなんかも無いのかと思っていたのですが、

ASUSのウェブストレージと同期するソフトだの、なんだかんだ色々と入っていました。

しかも、ASUS製のソフトだけでなく、なぜかSkypeとTwitterとLINEのクライアントまで入っていました。
誰得なんでしょうか。

どうにか一気に消せないかと思って、最初にWindowsの設定からクリーンインストールしてみたのですが、なんと再インストール後、また入っていました。

リカバリイメージがもう、これらがプリインストール済みなんでしょうね。
Windows純正の素の状態に初期化する方法はないものでしょうか。

というわけで、仕方なくひとつずつアンインストールしていきました。
ASUSのPCを買ったほとんどの人がこの作業をしているんですかね…。

ところで、Windows 8以降、ASUSはデスクトップアプリとストアアプリの二種類をプリインストールしてるみたいで、
デスクトップアプリはお馴染みのアンインストール方法でしたが、ストアアプリは別の方法でアンインストールするみたいですね。

Android的な消し方で簡単にアンインストールしました。
スマホとかタブレットのアプリは、パソコンと比べてインストールもアンインストールも手軽にできる感じです。


話は変わりますが、このWindowsタブレットを使ってみて私は強い衝撃を受けました。

起動が鬼のように早いです。

電源ボタンを押すと2秒くらいASUSのロゴが出て、さらに2秒くらいするとログイン可能です。

もしかしたら新しいパソコンをお使いの皆様はそんなに驚くことではないのかもしれませんが、私のデスクトップPCは起動に2分はかかります。

電源ボタンを押して、ログイン画面が表示されたらすぐパスワードを入力して、デスクトップ画面が表示される、この時間が2分ということです。

さらに、デスクトップ画面が表示されてもしばらくはスタートアップのソフトたちが処理するので、私の操作にパソコンがまともなレスポンスをしてくれるようになるには5分ほどかかります。

しかし、私はこのPCが遅いということを認識する一方で、これが常識のように感じていました。


パソコンの電源をつけて、起動が完了するまで椅子に座りっぱなしということは考えられません。

予め電源をつけておいて、その場を離れて別の作業をして、ログイン画面が出たらまたパスワードを入れて、またその場を離れて、しばらくしたら椅子に座るというのが今も普通です。

なんかパソコンが遅いおかげで、時間の使い方が上手になったのかもしれません。

OSの起動だけでなく、Visual Studioの起動なんかも1分かかりそうな勢いなので、たまに新しいパソコンでVisual Studioを起動させてる人を見ると、メモ帳を起動させるみたいなノリでやっているので驚きます。

ちなみに私のパソコンはメモ帳を起動させるのも多少のラグがあります。1秒ほどですが。


Windows 8からは起動を早くする技術が取り入れられたそうで、それも起動が早い理由でしょうが、それよりも単純に、タブレットのほうがデスクトップより性能が良かったということが大きいと思います。

私のデスクトップPCはもう10年近く前ですから、つい最近のタブレットに負けるのは、ありえないことではないと思ってはいたものの、

デスクトップのほうはPentium 4というかつてIntelのメインストリームだったデスクトップ用CPUです。

対してこのWindowsタブレットはAtomという処理性能は最低クラスのCPUですから、負けるといってもそれほど大きな差は付かないかなと考えていました。


そこで、CrystalMarkというベンチマークソフト
(古いソフトですが)を両者にいれて比較してみたのですが、


まず、CPUの性能はタブレットのほうが、デスクトップのほうのおよそ“10倍”でした。


…………笑うことすらままなりませんね。

これほどまでに技術は進歩していたのですね。


そのほか、メモリもストレージもグラフィックスも、タブレットのほうがデスクトップを大きく上回っていました。

デスクトップPCのほうはグラフィックスがかなりしょぼいので、グラフィックスの数値が一番差が出るかなと思っていたのですが、むしろ差は一番小さかったです。

グラフィックスがしょぼいのはタブレットのほうも一緒なんですかね。


しかし、こんなにデカくて重いデスクトップPCが爆音あげて処理しているのに、紙みたいなタブレットが音も熱も出さずにその10倍のスコアを出してしまう時代ですよ…。

今までの私の常識というものはなんだったのでしょうか。


そういえば、このWindowsタブレットにはMicrosoft Officeが付いてきました。

Officeなんて使わないので、同じ製品のOffice無しで安いのがあればそれを買いたかったのですが、Office付きしかありませんでした。

Excelとか、タッチパネルじゃ役に立ちそうにないですね。
マウスつけたら使えそうですけども。

タッチしたいセルをタッチすることができません。

ストアアプリ版のOfficeとかもあるみたいですが、私が買ったやつには普通のOfficeが付いてきました。


OneNoteというソフトもあって、どういうソフトなのかよくわかりませんが、使い方次第では便利になるかもしれません。

いや、まあ使うつもりはないんですが。


タッチパネルでWindowsデスクトップ画面をまともに操作できない問題は切実ですね。

ウィンドウを最大化しようとして隣の閉じるボタンを押してしまったりします。

あと、右に[▼]みたいなボタンが付いていて、候補が出てくるタイプのテキストボックス、これは地獄です。

候補一覧本体をスワイプしても候補一覧はスクロールできません。
候補一覧の右にある非常に小さいスクロールバーを掴まないといけないのです。

Windowsデスクトップアプリのコンポーネントはタッチパネルを意識して作られていないので、非常にやりづらいですね。

ただ、WPFのコントロールは対応していたりするので、時間が経てば解決するんでしょうが…。

Windowsのデスクトップ画面をピンチイン・ピンチアウトで自由に拡大縮小できるようになれば理想だと思います。

Internet Explorerはデスクトップ版でも、タッチパネル的操作に対応していました。
そのため、ブラウザ内では難はないですね。


自慢じゃないですが、いや自慢なのですが、「サルでもわかる小遣い帳」はやはり、タブレットでも使いやすかったです。

ウィンドウを最大化したらコントロールが全部大きくなりますので、タッチを外すことはありませんね。


ところで、Windows 7と比べて、スクリーンキーボードが高機能化していました。
手書き入力もIMEパッドとは別で搭載されていましたね。

しかし、惜しいところはテキストボックスを選択しても自動でスクリーンキーボードが出てきません。
ストアアプリの場合は出てきます。

まあ、タスクバーにキーボードボタンがあって、それをタッチですぐ出てくることは出てきますが。

テキストボックスにフォーカスが来たら出すだけなので、技術的に実現できそうだと思うのですが、なぜ実装しなかったのでしょうか。


今度はコントロールパネルの話ですが、Windows 7のコントロールパネルはデスクトップ画面での設定を司っていて、モダンデザインのモードのほうを司る設定画面もありました。

結構、被ってますね。

コントロールパネルのほうで設定を変えようと思ったら、その設定はモダンデザインの「PC設定」から変えてくださいと言われることもありました。

非常にカオスです。
結局、Windows 8以降って二つのモードが並列して存在しているので、カオスなんですよね。

Windows 10では上手いこと統一しているのでしょうか。


あと、msconfigでスタートアップをいじろうとしたら、それはタスクマネージャーから変更してくださいと言われました。

タスクマネージャーが高機能化していましたね。
簡易モードと詳細モードがありました。

プロセスの管理も、Windows 7までのプロセス名一覧がでるものと他に、初心者向けのプロセス管理画面みたいなものもありました。

結構、ここは頑張ったみたいですね。
エクスプローラーもリボンUIになっていましたしね。


ところで、周知の事実ですが、スタートメニューがありませんでした。

ソフトの一覧を見るなら、スタート画面に行って、画面を上にスワイプすれば一覧が出てきます。

ただし、フォルダ階層がないので、たくさんあると探しづらいです。

また、たくさんあると探しづらいことを意識してか、一覧には必要最低限のソフトしか表示されません。

Windows 7までのスタートメニューではメインのソフトの奥のほうのフォルダに入っていた設定変更ソフトみたいなものは、Windows 8のこの一覧には出てこないので、自分でデスクトップやスタート画面にショートカットを貼らないといけないようですね。

私はデスクトップに貼るよりスタート画面に貼るほうがいいと思いました。
ランチャーとしてはデスクトップ画面よりスタート画面のほうが多機能で優秀です。


その他、Windowsが表示する一部のダイアログなどが、Modernデザイン的になっていて、Windows 7との違いを感じました。

Windows 8.1を使ってみて「へ~」となることが、結構ありましたね。


というわけで、感じたことを全部ひととおり書いたので、かなり長い記事になってしまいましたが、もう書きつくしました。

面白いものだけまとめるという力がないので、全部書くことになってしまうのですが…毎回、反省しております。


これから、デスクトップPCで行っていた作業の一部をこのWindowsタブレットで代用していこうと思います。

タブレットにキーボードを繋げばブログ更新もできますね。

Bluetoothキーボードが欲しいのですが、しばらく我慢します。

なにより、タブレットのケースが欲しいのですが、意外と高いですね。
5000円とかしてました。

自作したほうがいいかもしれません。


というわけで、皆様もWindowsタブレットというものに関心を持って頂けたでしょうか。

私の長きに渡るタブレット関連のブログ更新は最終回を迎えました。

tag: パソコン タブレット Microsoft Windows Windows8 ASUS デスクトップ タッチパネル 性能

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/415-dcb2f1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。