ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

Windows10を入れてみて ~ VS2015も ~

もうだいぶ前ですが、タブレットPCのほうのWindows8.1をWindows10にアップグレードしました。

その感想を、そういえばまともに書いたことがなかったので、今回はそれを書きます。


まず、Windows8とくらべて、大きく使いやすくなっていますね。

Windows8では、デスクトップ画面とストアアプリ画面が全くの別物だったので切り替えが面倒な上に、設定などがいちいちストアアプリなので、非常に使いづらかったです。

しかし、Windows10ではストアアプリはユニバーサルウィンドウズプラットフォーム(UWP)アプリと名前を変えて、ウインドウの中にストアアプリがあるみたいな感じになったので、使いやすいですね。

ようするに、ストアアプリ画面というものはなくなって、全部デスクトップで出来るようになったわけです。

しかも、ウィンドウの中はストアアプリ式のUIなので、タッチパネルとの相性もいいという、Windows8の弱点を取り除いた究極系だなと思いました。


ちなみに、UWPは、WindowsのAPIを使っているわけではなく、そのサブセット的なもの(.NET CoreとUWP用APIみたいなやつ)を使っていて、Windowsでも、Windows Phoneでも、Xboxでも動作させることが出来るそうです。

.NET技術を中心に仕組みが整理されてきましたね。



他にも、デスクトップまわりの機能が大幅に追加されました。

まず、タッチパネルを指で画面左から右へシャッとやると、Androidみたいに開いているウィンドウの一覧が出てくるようになりました。

これもタッチパネルをかなり意識しているであろう機能ですね。

モバイルデバイスだと、タスクバーをタップしにくかったり、
そもそもタスクバーが小さすぎて開いているウィンドウを表示しきれないという問題がありましたが、この機能によって、だいぶ楽になりました。

また、スタートメニューが復活したんですが、Windows7式のものではなく、Windows8のスタート画面の小さい版がスタートメニューの領域に出てくるみたいなものでしたね。

タブレットならこれのほうがいいんだと思いますが、普通のパソコンだとWindows7式のスタートメニューのほうが詳細にアクセスできるので良かったと思います。

一応、「すべてのプログラム」みたいなボタンを押せば、Windows7的なスタートメニューが出ますが、結局それもWindows8での同機能が小さくなっただけで、
Windows7みたいに全部ディレクトリで分かれているわけではないので、だるいです。

なんとかなりませんかね。

ただ、Windows8からアプリの検索機能が強化されていて、Windows10ではデスクトップからでも自然に検索できるようになったので、名前さえわかればアクセスは早いです。


ところで、さらにWindows10では、LinuxやOS Xなどがすでに搭載していた仮想デスクトップ機能が標準で搭載されましたが、これってあまり使いどころがわかりません。

使う人は使うのでしょうか…。
まあ、慣れれば便利なのかもしれませんね。



Windows10からはIEに取って代わるMicrosoft Edgeというブラウザが追加されましたね。

このEdgeは速いと聞いていましたが、たしかに速いです。

タッチパネルでも使いやすいシンプルな出来なので、私はこれをメインに使っています。

デスクトップPCならChromeとかでもいけますが、なんにせよIEを使う機会はほとんどなくなりましたね。



そして、Visual Studio 2015 Community Editionも入れました。

ただ、Cドライブに入れてしまうと、空き容量がほぼ無しになるので、インストールは非常に苦戦しました。

MicroUSBポートにMicroUSBからUSBへ変換する機器をつないで、SDカードリーダーをつないで、SDカードにインストールしようとしました。

普通ではリムーバブルデバイスにインストールできないので、CドライブにSDカードをマウントするフォルダを作って、そのフォルダをインストール先にすれば、いけると思って、実際にそれでやってみたんですが、

いざインストールしてみると、SDカードに展開されたのはVisual Stuido 2015フォルダだけでした。


VS2015をインストールすると他にも大量の周辺コンポーネントがインストールされるわけで、それらはみんなC:\Program Filesに展開されていました。

意味がありません。ズコーッて感じですね。

とりあえずアンインストールしてやりなおそうとしたのですが、アンインストーラーがまた不親切なんですよ。

インストールしたときに色んなもの入れやがって、インストール一覧もめちゃくちゃ増えてたんですが、アンインストーラーはVisual Studio 2015本体だけ削除して終わりやがりました。

アンインストールにも一苦労しましたが、なんとか試行錯誤を繰り返して、

まずVisual Studio 2015をCドライブにインストール、そのあとソフトが入っているフォルダを全部SDカードに移してシンボリックリンクを張るという若干危険な方法でインストールしました。

それでなんとか起動したのですが、インストールに不備があったのか、エラーを発しまくって正常に動作してくれないという…。


Visual Studioにはそういう事態のために「修復」という作業をサポートしています。

なので私は、修復を実行してみましたが、修復が遅いこと遅いこと。

SDカードにインストールしているので、修復中はSDカードリーダーをつなぎっぱなし、すなわちMicroUSBポートを専有しっぱなしなわけですが、

修復が長すぎて100%だったバッテリーがどんどん無くなっていきました。

修復中に電池切れで強制シャットダウンしてしまうと、かなり危険だと思うので、充電したかったのですが、充電はMicroUSBポートがいるのに、ポートは占有中という、かなり詰んでいました。

タブレットはそういうことがあるので怖いですね。

結局、完全に修復できなかったので、また再インストールしました。

Visual Studio 2015を何回再インストールしたことでしょうか。


そして最終的に、なんとか使えるようになりました。

ただ、現在も継続中の深刻な問題がひとつあるのですが、SDカードにインストールしたことが問題なのか、UWPアプリは開発できません。

開発者モードっていうのをオンにしないとUWPアプリ開発は無理ですが、それはオンにしました。
そういうことではなく、です。

従来のデスクトップアプリは開発できるんですけどね。
ただ、時代がUWPなので、辛いですよね~。

UWPアプリ開発では、C:\Program Files\Windows Kitsというフォルダのものを使うみたいなのですが、なんかそこのフォルダのアクセス権限を取れないみたいなエラーが出てくるのです。

アクセス権限っていうのもまた、設定が難しいですよね。

一応、そのフォルダの権限を確認して、アクセスできるようになっていることを確認したつもりなのですが、
まだエラーになるので、もしかしたら設定を変えてエラー解消できるかもしれませんけども、もしかしたら泣き寝入りということです。

いろんなトラブルに付きまとわれております。



ところで、Visual StuidoをCドライブにインストールすると空き容量がなくなると先ほど言いましたが、そもそもはインストールできないほどの容量しかありませんでした。

というのも空き容量がただでさえ少ないのに、Windowsのリカバリ領域に8GBぐらい使っていたからです。

ただ、このリカバリ領域に入っているイメージってWindows8.1を入れていたころからあるものなので、たぶんリカバリしたらWindows8.1に戻ってしまうんじゃないでしょうか。

私は、Windows8.1に戻すつもりもなかったので、念のためリカバリ領域をdiskpartで見てバックアップを取っておいて、リカバリ領域を削除しました。

そのぶんCドライブを拡張してようやくVisual Studioをインストールできるようになったわけですが、それでもインストールしたら空き容量がなくなるのです。

空き容量の問題にぶつかるっていうことは、今日ではあまり聞かないことですよね。

とくに、ソフトウェアを入れているだけで空き容量がなくなるってことは、普通ないんじゃないでしょうか。

それにしても、Visual Stuidoが使用するサイズは、異常ではありますが。

XamarinとかもVSのインストール項目に追加されていたんですが、こんなのを入れたら全部で30GBくらい使うみたいですので、入れられませんでした。


最後のほうはかなり愚痴になりましたが、とにかくWindows10はWindows8のスピリットをそのままに、足りなかった部分を改善していて、かなり良い感じなので、とくに8の人はアップグレードしてみるといいと思います。


ただ、ひとつWindows8から劣化したと思うのは、Professionalエディション以上じゃないとWindows Updateを手動にできなくなった点です。

私のはHome Premium的なエディションだったので、強制的にインストールされるようになりました。


私は、勝手にアップデートされるとリソース消費が気になるので、いつも手動にしていたのですが、Windows10以降は手動にしたきゃ高いかね出してProfessional買えというスタンスになりました。

私は最近のMicrosoft好きですが、この件だとか、Microsoftアカウントとの紐付け仕様だとか、なんか最近いろんな個人情報集めたりしてるみたいですし、

意地汚さがすごく増幅されてきた感じがあるので、この動向は注意して見ておかないといけませんね。


個人情報を送るからという理由ではないですが、私はまずソフトウェアを使いはじめる前に設定をくまなく確認するタイプで、
Windows10の設定を見てみたところ、データを送るように設定されている項目が出るわ出るわで、ビビリます。

オフに出来るものはオフにしました。

この点は注意です。
まあ、それだけですね。

ご参考になれば。

tag: パソコン タブレット Microsoft Windows Windows10 VisualStudio レビュー ストレージ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/424-4c8e7f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。