ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

近況報告&雑筆

ブログのネタがない!ということで、近況をご報告いたしたいと思います。

しかし、最近はネタが本当に無いですね~。
ちょうどこの記事みたいに意義のないクソ記事を量産するしかないのですが…。

その背景にはモチベーションの低下がありますね。
あんまり知的な活動をしないから、特別書くこともないわけですね。


一応、最近は数学をぼちぼちやってるつもりではあるのですが、まあそこまで本腰入れてないですけども。

論理学の勉強がまだ少し、テキストとしてはシークエント計算の章が残ってはいるんですが、
なんか論理学の勉強終わったよね感が出てしまっていて、もっと他の数学をやろうかなと思ったりしています。


最近は抽象代数学というんですか、いわゆる群・環・体に少し興味があります。

なんか抽象的な方面が好きなのかもしれないですね。

最近は情報系の学問から浮気して数学に興じているわけですけども、
なんかやってる数学が比較的、情報系に近い感じがするものばっかりなんですよね。

数学っていうと連続性とか線形性?というのかよくわかりませんけども、そういう性質をもつ分野がこれぞ数学って感じがしないですかね。


結局数学なんて数の学問なんですかね。
集合だとか数じゃないものは、良くも悪くも“数の学問”の後ろでそれを支えているだけという。

私は集合とか数じゃないものが好きなわけですが、それがどちらかといえば情報系に近い分野ということです。

例を挙げるとしたら、論理学とかグラフ理論とか圏論?ですか。

結局のところプログラミングから入門した私の脳みそは情報系なのかもしれません。



まあ数学もいいですけど、私の原点はプログラミングなんですよね。

最近はモチベーションが下がっているというのもあるので、プログラミングを始めたばかりのころの、
使うだけだと思っていたGUIを自分で設計したり、ボタンを押したら処理するようにプログラムできたときの、

あの感動を思い出すべきではないか、なんて考えますね。


数学には理論の美しさはあるかもしれないですが、童心に返れるような要素がないと思います。

プログラミングは童心に返れる要素もあって、同時に数学のように論理的な考え方も養えるのでいいもんですね。

ただ、私は理論を学ぶのが好きなので、それは数学に軍配が上がってしまうわけですが。



がらっと話が変わりますが、現在当ブログは5年目で、開設から6年経ったらブログを終わるわけですが、その後どうしようかなと、なんとなく考えますね。

とりあえず当ブログは終わりますけど、新しくブログはひとつ持っておいたほうがいいかな、なんて。

自分の考えを書ける場所が欲しいんですよね~。


しかし、今は中学生だとか高校生を銘打ってやっていますので、多少は珍しさで訪問してくる方々が多いのかもしれませんけども、

普通の大人がやってるブログとなると、内容を相当面白くしないと人が集まってきませんからね。

私にそれほどのブログを作れるかというと、自信ないですが…。
まあブログを作るのかどうかも未定です。

作るとしたら、もう勉強したこと月間まとめとかはやめて、もっとゆるいルールのブログでテキトーにやっていこうと思います。



さて、最後の話題でとてもどうでもいい話題なんですが、パソコンを買おうと思っていて調べていて思ったんですが、CPUって高いですね。

パソコンは完成品を買う予定なので、あんまり各パーツの値段とか気にしてなかったんですが、ふと調べたらCore i5で2万円とかヤバいですね。

パソコンの値段ってCPUとWindows料が多くを占めているみたいですね。

メーカーがそれ以外のパーツに安物を使っているというのもあるかもしれないですけど。
それぞれのパーツにお金をかけたらまた値段の構成比率は変わってくるかもしれません。

相対的にCPUが高いのか、そもそも絶対的にCPUが高いのかどちらなんでしょうか。


というわけで、またまとまりのない記事でしたが、ネタがないので投入いたしました。

久しぶりにまともな記事を書きたい、がネタがない!

tag: 雑記 近況報告 数学 情報学 プログラミング 勉強 ブログ 将来 パソコン

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/467-982b1106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。