ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

情報処理への未練

もう数学のほうメインに移ってから2年ほど経ってしまうサイバー少年であります。
F#を半年前くらいにやっていましたが、じゃんけんゲームしか作ってないですし…。

サルでもわかる小遣い帳」を完成させられたことはプログラミングに対するいい思い出なのですが、ちょっと情報処理方面の成果としては小さすぎるかなという未練がありますね~。

一番の未練はPICマイコンと、プログラムのライターを買ったのに、何もしていないことですね。


数学という論理的思考の遊び場に足を踏み入れたキッカケはプログラミングですし、今の私の学問に対する志みたいなものの基礎を作ったのは、プログラミングなんですよね。

数学を現在やっていますが、ずっと頭を使いすぎて疲れたのか分かりませんが、最近は頭のキレが悪いです。

というわけで、ちょっと情報処理の方面に“帰省”しようかな、と思ったりしています。

情報処理はまあ、アルゴリズムとかは難しいですが、基本的には数学よりは頭を使うというか知識力を重視する学問ですから、今のコンディションならそっちのほうがいい…のか??

正直、集中力とかより記憶力の低下のほうがシビアですので、より不適当かもしれませんが…。


ただ、ちょっと数学の頭を使うハードワークから、一時的に逃避したいなと考えております。
将来の夢は数学教授ですが、んなもんなれるかボケということならプログラマーになると思います。
となると、一時的どころか人生をプログラミングとともに寄り添っていかなければなりません。

ただ、プログラミングの世界って日進月歩ですので、職業プログラマである以上そこについていかなければならないわけですよ。
そんなバイタリティもないんですが…。

続きを読む

tag: 勉強 資格 プログラミング 情報 目標 FE 能力

やはり数学力がない

群・環・体ですが、三月はまったく勉強をせず、四月に入っても前半は勉強をせず数日前になってようやく再開したんですが、しばらく勉強しないと理解力が衰えるもんですね。

久しぶりに本を開いたら意味不明でビビりました。
まあ、2回目以降はそれなりに理解力も復活してきましたけどね。


前回記事「将来の夢について書く」で数学科の大学教授になりたいと書きましたが、このごろ自分の数学力のなさを再認識させられて、やっぱり無理じゃねえかなと思ってしまいますね~。

いや、何度も申しますが理論を読んで理解するのは大丈夫なんです。
しかしその理論に関する証明問題などの問題を出されると、もう出来ないと。

大学で数学科に入ったら、講義で教えている理論をちゃんと理解しているかどうかを確認するために証明問題などを出題するということがよくあると思うんですが、そういうのは多分、私にはなかなか出来ないんじゃないかと思いますね。

問題が解けなければ、「こいつは理論を理解していない」と判断されかねないですが、決して理論を理解していないわけではないんですけどね。
ただ私の脳に入り込んで理論を理解しているかどうかをチェックするなんて無理なんで、問題を出すという方法でチェックするしかない。

なかなか、つらいですね…。


昔も書いたかもしれないですが、理論をどうやって重ねていくかの道筋を立てることが出来ないわけです。
スタートから一気にゴールに行けるような証明を考えるんですが、そんなのあるわけないと。

あと、普通の人って紙などにちょっとずつ思考している内容を記録していくみたいに、紙を使って証明するということも多いと思いますが、それが私には無理なんですよね。

頭の中のイメージをどのように紙に記せばいいのか戸惑いますし、戸惑っている間に考えていたことを忘れてしまうのです。
さらに、もし紙に記せたとしても、そこから元のイメージを復元するのに時間がかかる。

だから、それでスタートからゴールに一気に行かざるをえないというのもありますね。


証明を組み立てる力って身に付くんですかね。

私にとっては論理の世界というのはすごくぼんやりしていて、なんの目印もない広大な砂漠を歩いているようなもので、どこを歩けばいいのやら分からないですが、

数学の教授や数学が得意な人は、正しい歩き方を知っているのでしょうか。

続きを読む

tag: 数学 プログラミング 勉強 能力 幾何学 目標 大学

論理学の勉強コンプリート!!!

この記事書くの2回目です。

姉妹ブログにも書きましたが(記事「書いてた記事が…」を参照)
この前、同じ内容の記事を書いていて2時間半ぐらいかけてもうすぐ終わりそうってとこまで来たのに、急にブラウザが固まってリロードされてしまいまして、書いていた内容が消えてしまいました。

Edgeで書いてたんですけど、Edgeが駄目なんですかね。
IEと比べて不安定な気がします。

キクチモモコ学生じゃないけど、ほんと使えないっ!って思いましたね。
今からまた同じこと書かないといけないのか…だるい。



さて、去年の十二月に読んだ数学のページから始まり、京都大学の教授の方のウェブサイトを読み続けて数理論理学の勉強を続けてまいりましたが、

とうとう一昨日、最後の最後まで読み終わりました!

はい拍手!
パチパチパチパチパチパチ…


全部で10ヶ月、長かったですね。

まあ、今年度の勉強したことまとめをご覧いただければわかりますが、そのうちの5ヶ月はずっと最後の章のシークエント計算についてダラダラと勉強していたんですけどね…。

なんというか今回の論理学の勉強を振り返ってみると、頑張って勉強する時期、燃え尽きて怠ける時期、さすがに怠け過ぎだなと思ってまた頑張る時期、を繰り返している感じでした。

シークエント計算の前の章の自然演繹は頑張って勉強していたので、例に漏れずシークエント計算は最初のほうは怠け気味でして、それで長引いて5ヶ月も掛かってしまったわけですね。

ただ、こちらも例に漏れず、怠け過ぎだなと思ったのでシークエント計算の勉強の最後のほう、つまり最近は頑張って勉強していました。


あと、もうひとつの長引いた理由として、これも勉強したことまとめに書いてありますが、述語論理に関する推論規則の、固有変数条件の理解に苦戦していたのもあります。

自然演繹のほうの固有変数条件は理解できたんですけどね。

前者は時間かけても理解できなかったので、飛ばして先に進んでしまったんですよ。
数学ってひとつひとつ着実に理解して進むのが筋だと思うので、あんまり良くないことだとは思いますが。

まあでも、数学もゲームと同じようなもので、難しすぎてクリアできないとつまらないので、モチベーションを確保するためには多少は諦めるのも仕方ないかなとも思いますけどね~。

飛ばしたのは唯一、この固有変数条件だけですしね。

今後しばらくは例によって燃え尽きているので、これの理解にリトライする気はないですが、いつかやってみてもいいかもしれないですね。

続きを読む

tag: 数学 論理学 勉強 能力 証明 モチベーション ブラウザ 数学者 論理

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。