ブログ「サイバー少年」

ブログ「サイバー少年」へようこそ!
小学六年生ごろからプログラミングを趣味にしている高校生のブログです。
勉強したことについての記事などを書いています。フリーソフトも制作、公開しています。
(当ブログについて詳しくは「ブログ概要紹介」を参照)

サイバー少年が作ったフリーソフトは「サイバー少年の作品展示場」へ

数学ネタは人気が出ないのか…

先日、記事「PowerShellでジェネリックス!」にて、

ありがとう 参考になりました

というコメントを頂きました。


このブログの方針として、何か疑問に思ったことを検索したらこのブログがヒットして、それを見て疑問が解決する、みたいなブログになりたいと考えているので、
このようなコメントを頂けたのはとても光栄なのですが、

数学ネタをメインにしていくのは閲覧者のニーズに合致しているのか…!!??


なんか数学のネタに全然コメントが来ないし、このまえ記事「数学の勉強について雑記…」に一回だけ来ましたけど情報系の学部の大学生の方でしたし、

当ブログの閲覧者ってやっぱりプログラマとかプログラミング好きとかそういう方々だと思うんですよね。


まあプログラマというと数学好きを兼ねてる割合が高めだと思うんですが、数学好きじゃない人も多いですし、数学好きだとしても数学メインじゃないからコメントできるほど数学の知識もなかったり、数学の長文の記事を読むつもりもない、みたいな感じですか。


数学に傾倒したら駄目なのかチクショーーー!!!!!
どうやったら数学屋の方々にたくさん見てもらえるブログになれるんでしょうか。

ただ、数学好きの方々に見てもらえない理由はいくつか思い当たるんですけどね。


・数学好きの絶対数がプログラミング好きより少ない。

・プログラミング好きの人はブログなどのインターネットの文献を重要視している一方で、数学好きは書籍とか見てて、Webでもブログみたいなのは見ない。

・とくに当ブログのような新規性のないクソブログは見ない。


そもそも当ブログの閲覧者がほぼリピーターで固定であると思われるというのもあるので、既存の閲覧者に数学好きになってもらうしかない!!!

頑張れ閲覧者!!!!!!




プログラミング好きな人って数学好きになりそうな要素をわりと持ってると思うんですけどね。
ただ昔も書いたように、技術習得を目的としてるんじゃなくて何かを作ることを目的としている人もいますので、そういう人には向いてないのかもしれません。


それか、あんまり気分が乗らないですがプログラミング系の記事を増やすか、ですよねぇ。

まあ、あと1年弱で当ブログともお別れなので、今更どうでもええがなという気はするんですが。
というか人気が出始めたころにブログ終了みたいになりかねないので無駄な努力。


一方でたとえば相互リンクしている学生プログラマのaridaiさんは、

aridai.NET
http://aridai.net/

というブログを運営されていて、なんかC#とかWPFとかXamarinとかUnityとかRxとか、最新技術を吸収していかにもプログラマしてるんだろうなぁという様子で、

今はどれだけ閲覧者を持ってるのか知りませんけど、真面目にコンテンツ拡充したらたくさんのプログラマに読んでもらえるんだろうなあと思います。嫉妬しますね。

数学者もネットに来いよぉ!!
現状ブログの閲覧者は情報系に劣りますが、数学を理解できるようになればプログラミングを理解することも容易になれるだろうと信じて、数学をやります。

実際プログラミングの能力は理解力に加えて記憶力とか記憶を引き出す能力とか、モチベーションとかも含むので、完璧な上位互換でもないのかなと思いますけどね。



そういえば、前回記事「
[環論] 素元と既約元の違いってなんなのよ」にて

整域において素元が既約元となることの証明で

「分配法則で0で括って」とありますが、当たり前ですが「pで括って」の間違いです。

書いてることが難しくてわけが分からなくなったんだと思います。


あと、素数pを法として合同となる同値類の代表系に加法と乗法を導入したときに、体になるという話をしましたが、

まず任意の元に逆元が存在するのではなく正しくは任意の“0でない”元に逆元が存在するわけですね。

そんでもって、それはたとえば8の逆元なら

8x - py = 1

という不定方程式が解を持つなら(8じゃなくて任意の元aでも解を持つなら)、体になるだろうということでしたが、

高校でやった不定方程式を忘れたので調べなおしました。

そして、-pと1 <= a < pである任意のaは互いに素ですので、解は持つようです。

しかしひとつ大切な条件を忘れていました。
xが逆元になるわけですが0 <= x < pでないと元になれないので、そのような条件を持ちます。

aも1 <= a < pという条件を持っているわけですが、これでも解を持つか、学校の数学の先生に聞いてみたらなんとも短時間で証明を出してくれました。

やっぱり先生というのはすごいですね。
高校の先生でもこれなのに、はたして俺は大学教授になれるのか!?

というわけで、結論としてxが逆元になり得るので、上記の代表系は体になります。


実は不定方程式を調べなおしたと前述しましたが、解が存在する場合とその仕組みについての説明を読んでいる途中です。

そして、それがめちゃめちゃ難しい!!

現在、群・環・体の勉強に使っている本の第一章に書いていたので、そこを読んでいるんですが、まったく理解できません。

昔も読んだはずなので、一度は理解していると思うのですが…。
昔も苦労して理解したんですかね。

頑張って、まあ他の文献も読んでみたりして、数日かけてでも理解したいと思います。


というわけで、これからも数学頑張ります!!
(プログラミングも)

tag: 勉強 数学 ブログ 閲覧者 プログラミング コメント 群環体 方程式

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberboy6.blog.fc2.com/tb.php/501-279035b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当ブログをご利用(閲覧等)になる場合は必ず「当ブログの利用規定」をお守りください。